特集

【こんなセブ島留学を見たことない!?】「英語×事業再建」留学 | BEYOND THE BORDERS

セブ島留学 学生 英語

現在、セブ島留学が大学生の中で大人気ブームとなっています。安価かつ短期間で、英語をみっちり勉強できるといった留学にとって最高の環境がセブ島にはあります。

しかし、大学3年生にとっては最高とは言えない環境かもしれません。なぜなら、来年就職活動があるからです。就職活動の中で、自己PRとして学生時代で一番頑張ったことを面接官に問われます。そして、この企業に何をやりたいのかを明確に伝える必要があります。

そこで、よくあるフィリピン留学へ行くと、英語力は身に付きます。学生時代頑張ったことも伝えることができます。しかし、その企業で何をやりたいのかを見つけることは難しいです。なぜなら、仕事を経験したことがないからです。

仕事の経験がないと、どうなるのでしょうか。入社してから2,3年で辞める可能性が高くなります。卒業後3年以内の離職率は32.2%と、3人に1人は離職しています。また、大学時代に仕事の経験がなく、社会人になってこの仕事が合わないと感じる人は、そのうち22.9%と離職する理由の第3位です。

この結果は、学生時代に仕事を経験していなかったことが大きな要因だと僕は考えます。

僕自身も大学3年生の時に、セブ島へ英語留学を行っています。TOEICを200点上げることに成功しました。しかし、それが就職活動に役に立つのかを考えると、その答えはNoだと思います。もっと自分に合う業務を探すべきだったと、今振り返ると思います。

だからこそ、これから就職活動を控えている大学3年生や2年生の方に、「英語×事業再建」留学をオススメします。

この記事を読んで、ぜひ自分の人生を自分で選択してください!

 

「英語×事業再建」留学とは?

超実践型の事業再建プロジェクトに携わる英語留学です。

午前中は、事業を進めるために必要な英語を3コマ(1コマ50分×3)行い、午後からは事業再建させるためのビジネススキル講座を3コマ、もしくは事業再建のプロジェクトとしての現地調査などを行います。これらを2週間に渡ってプロジェクトを進めていき、最終日に成果発表としてプレゼンテーションを行って頂きます。

詳しくはこちら☟
https://beyondtheborder.jp/students/

 

大学生に向けて「英語×事業再建」留学を行う意義

「Kakaki」の事業を良くしたい!!!

Kakakiとは、セブ島のお母さんたちが営む日本食のお弁当屋さんです。

NGO団体であるCECジャパンネットワーク株式会社が運営しており、貧困に挑戦する家族支援の一環、自助努力の場としての活動がスタートしました。支援してくださった方々からレシピを教わり、本格的な日本食お弁当を低価格で販売しています。Kakakiの目的は、「セブ島の貧困問題解決」です。

そのKakakiが現在、事業として危機を迎えています。

Kakakiの現状を知ったBEYOND THE BORDER創業者 山本健太さんが「Kakakiを良くしたい!!!」という熱い思いからプロジェクトは発進しました。山本健太さんは Kakakiを毎日食べていて、心からKakakiを応援している1人です。あと、めっちゃくちゃ熱い男です!!!だからこそ、BEYOND THE BORDERが「英語×事業再編」留学をやる意義があると僕は思います。

*Kakakiについて☟
http://kakaki.net/

生徒さんの人生にプラスの変化をもたらす「きっかけ」を提供したい!!

これはBEYOND THE BORDER創業者 山本健太さんの思いです。BEYOND THE BORDERという学校は、セブ島にあるキャリアデザイン英会話スクールです。セブ島留学後に世界を舞台に働くことを目的に持った人たちのための留学学校です。

BEYOND THE BORDERを通じて『自らの価値観に沿って「自分らしく」生きてほしい』そのきっかけを作ることを目的において運営しています。

だからこそ、これから社会に出る大学生にとってBEYOND THE BORDERは最高の場所になると思います。

「英語×事業再建」留学の特徴3つご紹介!!

1.フィリピンの貧困の課題をビジネスで解決する経験ができる

ビジネスのプロがソーシャルビジネスについてみっちりと教えてくれます。また教えてもらった知識をその場で実践することができます。

一般的な企業や海外のインターンでは講義やフィールドワークを行いますが、実際にその知識を使ったり、実践したりすることはあまりありません。知識を学び、フィールドワークをして、最後にプレゼンテーションして終わりっていうのが一般的な流れですが、この「英語×事業再建」留学では、学生のアイディアを形にします。なぜなら、「Kakakiの事業を再建することが目的だから」です。BEYOND THE BORDERでは、エンジニアとデザイナーがいるので、学生のアイディアを元に事業を形にします。具体的には事業案を作成して、それに対してフィードバックしていき、そして、実際に事業を行っていきます。最終的に自分たちの活動によりどういう成果があったのかをプレゼンテーションしてもらいます。

この「アイディアを形にできる」が他校との大きな違い!!!

あなたのアイディアがKakakiの事業を良くする可能性を持っています。

 

2.短期間で英語力を伸ばしたい人へ! あなた専用の英語カリキュラムを提供

BEYOND THE BORDERでは、入学すると共にあなた専用の英語のカリキュラムを組み、あなた専用の授業を受けることができます。そして、「最終的に英語学習を継続する力を身につけること」を目的と置いています。なぜなら、2週間という短い時間で英語を取得することは難しいからです。セブ島で英語学習を継続できる力を身につけることによって、日本へ帰ってからも英語力を伸ばすことができます。

その結果、将来的に英語を扱えるようになります。この「英語学習を継続する力」はこれから英語を使って生きていきたい人にとっては素晴らしい力だと思います。それをたった2週間で身につけることができるのがBEYOND THE BORDERの強みだと思います。

どうやって身につけるのか?まず初めに自分を知ることです。

え??って思われた方もいると思います。しかし、継続する力を身につけるためには「自分を知ること」が大切です。なぜなら、「自分を知る=自分のモチベーションの場所を知る」ことができるからです。自分のモチベーションの場所を知ると、やる気スイッチを自分で押せるようになります。どういうことか? 英語学習って覚えることも多いし、リスニングとか聞いてるだけで眠くなったり、毎日英語で日記を書くとかしんどい。。。この状態だと「英語学習がつらい」です。

しかし、英語は将来、話せるようになりたいと思っているから今あなたは勉強していると思います。「しんどいけど、勉強しなきゃ。。。」っていう状態ってつらいですよね。これは英語をやる意味をちゃんと明確にしていない、もしくは自分の容量をオーバーしている状態である可能性が高いです。これが発生する原因は、「自分のことについて知らない」からです。つまり、自分を知ることで、あなたの英語学習は大幅に高めることも可能です。

BEYOND THE BOREDERでは、趣味や週末の予定といった表面的な会話では終わりません。あなたがどんな価値観を持っているのか、それを今後英語学習やキャリアにどのように生かしていくのかを先生と一緒に考えます。それによって、卒業する頃にはあなたのやる気スイッチを見つけ、目的を持って英語学習を取り組むことができます。

だからこそ、ぜひ短期間で英語力を伸ばしたい方にはオススメの学校です。

 

3.ビジネス経験が豊富な日本人スタッフがあなたをサポートします!!

現場では、このお二人がサポートしてくれます。

岡本琢磨さん

公認会計士
フィリピン・セブ キャリアデザイン英会話スクール「BEYOND THE BORDER(ビヨンドザボーダー)」代表
フィリピン・セブ 英会話スクール「旅人達の英会話スクールCROSS×ROAD(クロスロード)」代表
著書『キャリア・シフト~人生戦略としてのアジア就職~』(経済界)書籍の詳細はこちらから


公認会計士、IPO・事業再生コンサルタントとして日本で6年間コンサルティングファームに勤務後、夫婦で1年間の世界一周の旅に出る。
旅行中の経験をもとに、旅人を支援する英会話スクールCROSS× ROADをフィリピン・セブに設立し独立起業。
800名を超える若者と対話し、彼らの考え方や状況を理解する一方、自身の海外起業や旅の経験、公認会計士・コンサルタントとしてのキャリアから海外就職を中心に新しいキャリアパスを提案している。
また、アジア主要都市を周り、日本人の転職状況を把握し情報発信を行うとともに、セブにキャリアデザイン英会話スクールBEYOND THE BORDERを設立し、ビジネス英語に特化した教育と海外キャリア構築のサポートをしている。
「『普通の人』が世界を舞台に活躍出来る環境を作り、その手伝いをすること」「自分らしく生きる日本人を増やしていくこと」をミッションに経営・執筆・講演などを行っている。

 

山本健太さん

フィリピン・セブ キャリアデザイン英会話スクール BEYOND THE BORDER 創業者/最高執行責任者(COO)
TED翻訳者
TOEIC940点保持


アメリカのバスケットボール選手が喋っていた英語に憧れたことをきっかけに小学生の時から英語の勉強を始める。
長期海外留学・海外在住経験なしで英語力を獲得する。大学卒業後、半導体装置メーカーに就職し海外営業としてアメリカ・シンガポール等の顧客を担当。
退社後、キャリア・デザイン英会話スクールBEYOND THE BORDERの立ち上げに参画する。
「英語を楽しみながら継続していく」を応援するために自らが英語を楽しむ姿をInstagram(User Name : kentalish)を通じて毎日配信している。
上智大学卒業。TOEIC940点取得。アイスが大好き。

さらにフリーランスとして活動している方や、デザイナーとして活動している方も当日は一緒に現地視察や、プレゼンの準備をサポートします。

そのため、今までビジネスの経験がない方でも安心して取り組むことができ、しっかりとしたスキルを身につけることができます。

だからこそ、僕はバイト以外の仕事をやったことがない学生にぜひ参加してほしい!と思っています。なぜなら、「自分の人生を自分で選択してほしい」から。冒頭でお話したように、就職してから、この仕事は自分とは合わなかったと後悔してほしくありません。一度プロジェクトがどう進んでいるのかを理解した中で、「自分はどの部分をやってみたい、向いている」を判断してほしいです。これは一度体感するか、一緒に仕事をしてみないとわかりません。

 

今回のプロジェクトでは、事業をどう進めて行けばいいのかを企画してもらいます。さらに、そこには事業家やエンジニア、デザイナーの方々と一緒に考えることができます。なので、企画から運営まであらゆる視点からプロジェクトを見ることができます。そして、考えたアイディアを形にするので、よりリアルに考えることができます。そのため、「自分はどの部分をやってみたい、向いている」を見つけることができます。

この経験は、BEYOND THE BOREDERでしか体験できません。

だからこそ、バイト以外の仕事をやったことがない学生にとって「自分の人生を自分で選択できる」ようになると思います。

 

まとめ

この記事では、読者に「自分の人生を自分で選択する」ことの大切さを知ってもらいたいと思い書きました。そして、それを実現するための手段として、「英語×事業再建」留学が、僕は良いと思いました。しかし、他の選択肢の方が良いと思う方もいると思います。それでも大丈夫です! ただその選択肢を実行してください。

大学3年生にとって今の夏休みの期間は、就職活動、いや人生において大事な時期になると思います。そこで有意義な時間を過ごせるかはあなた次第です。ぜひ自分で考えて行動してみてください。

考えた上でこの「英語×事業再建」留学が合っていると思った方はぜひ応募してください。

お申し込みはこちらから☟

https://beyondtheborder.jp/students/

\Share/

\Follow/

関連キーワード

関連する記事

がりゅさんの生い立ち【がりゅさんと呼ばれるワケ】 オピニオン

がりゅさんの生い立ち【がりゅさんと呼ばれるワケ】

【こんなセブ島留学を見たことない!?】「英語×事業再建」留学 | BEYOND THE BORDERS 特集

【こんなセブ島留学を見たことない!?】「英語×事業再建」留学 | BEYOND THE BORDERS

英語が嫌いな僕が、異文化交流イベントを開催するたった1つの理由 オピニオン

英語が嫌いな僕が、異文化交流イベントを開催するたった1つの理由

現役生が語るアクトハウスの口コミ(評判)【2018年度版】 特集

現役生が語るアクトハウスの口コミ(評判)【2018年度版】